回顧~2018年度の高知教会を振り返って

日本キリスト改革派 高知教会のホームページへ戻る

問い合わせ

回顧~2018年度の高知教会を振り返って

2018年の高知教会の年間標語は「主の喜びへと招く教会」(ヨハネ福音書1章45~46節)でした。

【回顧】
 2018年、高知教会は創立70周年の節目を迎えました。主が改革派信仰と神学に立つ高知教会を高知市上町に建ててくださり、長年にわたり高知教会に集う一人ひとりを愛し、御手によって守り、礼拝と集会とすべての活動を祝福し、恵みのうちに導いてくださいましたことを覚えて、大いなる御名を心から賛美し感謝いたします。5月20日には、1998年から99年にかけて代理牧師を務めてくださった山村貴司先生(現青葉台キリスト教会牧師)の説教奉仕によって高知教会創立70周年記念礼拝を恵みのうちに捧げることができました。

 高知教会が記憶すべき出来事は、他にもありました。1月に市原正子姉(101歳)が天に召されました。姉妹の長年にわたる忠実なご奉仕に深謝いたします。イースターには、元高知教会牧師の故土居千城先生の納骨式がご遺族の方々とともに行われ、5月にはA.S.兄の長老任職式、12月にはK.H.姉の加入式と、心に残るクリスマス礼拝と祝会が行われました。

 2018年は、高知教会にとって伝道に向けて大きく前進した一年でもありました。「主の喜びへと招く教会」という年間標語のもと、喜びをもって人々を教会に招き、新しく来られた人々を温かく受け入れてもてなす教会となることを目指して、新しい試みをしました。まず、第二主日の礼拝後に「初心者の会」を始め、新来会者・求道者と牧師が交わる時間を設けたところ、この会を意識して礼拝に来られる方が起こされました。偶数月第三主日の朝拝を伝道礼拝として捧げ、契約の子、教会学校親子、青年を対象とした伝道説教に聴き、礼拝後にはお好み焼きやたこ焼きをして交わる時間も持ちました。教会学校では、月一度のジョイフルサンデーに加え、年二回映画上映会を催して近隣の子どもたちを礼拝に招く試みもしました。他にも、伝道を視野に入れた活動を数々行い、子どもたちや、多くの新来会者や求道者の出席がありました。しかし、これらの新しい試みによって、昨年は、信仰告白者・受洗者は与えられませんでした。また、諸集会出席統計によりますと、主日朝拝、夕拝、祈祷会、教会学校、青年会、いずれの平均出席者数も前年度とほぼ同数で、数字の上では増加を見ることはありませんでした。しかし、これまでに蒔かれた福音の種は、いずれ芽を出して実を結ぶと信じて祈り続けていきたいと思います。

 高知教会の礼拝と集会と活動において、祈り、献げ、愛の業をなし、福音を宣べ伝えるために熱心に仕えてくださった教会員のお一人おひとりに心から感謝いたします。皆さんの愛と熱心があったので、「主の喜びへと招く教会」として、一年間ともに歩むことができました。これからも主に与えられた賜物を用いて福音の種を蒔き続けていきましょう。

牧師 小澤寿輔

毎週日曜は礼拝の日

高知教会では毎週日曜日、神様への感謝と祈りをささげる礼拝を開いています。この礼拝はキリスト教に興味のある方でしたら、どなたでも自由に参加できます。お仕事などで日曜日の都合がつかない方は、毎週木曜日に行われる祈祷会(きとうかい=お祈りの会)がおすすめです。

日曜日 朝の礼拝
午前10時10分~11時30分
必要な持ち物は特にありません。聖書や讃美歌などは教会でお貸します。
木曜日 祈祷会
朝の部:10時00分から11時00分
夜の部:19時10分から20時10分
こちらも必要なものは特にありません。聖書について学び、皆で神様にお祈りを捧げます。

お気軽にお問い合わせを

「一度礼拝に出席してみたい。」

「教会に行ってみたい。」

「でもどうしたらよいかわからない。」

そんな時は専用の問い合わせフォームからご質問ください。担当スタッフが折り返しお返事を差し上げます。

電話でのお問い合わせなら、088-875-1865まで。その際「ホームページを見たのですが」とお伝えくださると話が通じやすくなります。