回顧~2019年度の高知教会を振り返って

日本キリスト改革派 高知教会のホームページへ戻る

問い合わせ

回顧~2019年度の高知教会を振り返って

2019年の高知教会の年間標語は「主の言葉を口ずさむ幸いな人」(詩編1編1、2節)でした。

【回顧】
主なる神が高知教会に集うお一人おひとりを御手のうちに守ってくださり、礼拝と集会とすべての活動を祝福し、恵みのうちに導いてくださったことを覚えて主に心から賛美と感謝を捧げます。

一年を振り返りますと、4月には江﨑敦子姉の加入式がもたれました。12月22日には浜村美雪姉の成人洗礼式と小澤光姉の信仰告白式がもたれ、心に残るクリスマス記念礼拝となりました。高知教会が記憶すべき出来事は他にもあります。10月に堀本富恵姉(95歳)が天に召されました。堀本姉は、神の永遠の約束への信仰を堅く持ちつつ地上での生涯を全うされました。私たちも堀本姉のような信仰の人として天に凱旋できるように生きていきたいと願います。

2019年の諸集会出席統計を見ますと、主日朝拝、夕拝、祈祷会、学び会の平均出席者数は、前年度に比べて微減でした。教会の成長を数字だけで見れば、成長したようには見えません。しかし、霊的祝福に恵まれた一年であったと言えます。まず、主日ごとの教会学校の礼拝、公同の礼拝と、第二・第四主日の夕拝、木曜祈祷会を欠かさずもつことが許されたことは、何よりの祝福です。また、3月には小学6年生の卒業お祝い会、4月には子どもとおとなの合同礼拝と子ども祭り、イースター記念礼拝、5月には春の特別伝道礼拝、6月にはペンテコステ記念礼拝と野外親睦会、7月には中高科バーベキュー、8月にはスペシャルサマー・デイズ、10月には宗教改革記念礼拝、12月には子どもクリスマス会、クリスマス記念礼拝と祝会、キャンドルサービス、今年新たな試みとしてティーンズ・クリスマス会がもたれ、子どもたちをはじめ多くの新来者や求道者の出席があり、福音が大胆に宣べ伝えられました。さらに、今や恒例となっている絵画サークルの方々の作品展示会の期間中、二日間だけでしたがアートカフェを開いたところ、予想を超えて多くの未信者の方が足を運んでくださいました。中には、教会の建物に入るのは初めてという方、本当に楽しかったと感想を述べて笑顔で帰られる方、普通の話をしているうちにいつの間にか福音を耳にしていた方、この機会にと牧師に霊的質問をしてこられる方、アートカフェを機に礼拝に来られた方がありました。このような主の不思議なお導きで高知教会ならではの伝道への新しい道が開かれたことは、まことに感謝すべきことではないでしょうか。

高知教会の礼拝と集会と活動において、祈り、献げ、愛の業をなし、熱心に仕えてくださった教会員のお一人おひとりに心から感謝いたします。皆さんの愛と情熱があったので、主の救いのお働きに仕える教会として、一年間ともに歩むことができました。これからも、それぞれ神から与えられた賜物を豊かに用いて、福音の種を蒔き続けましょう。

牧師 小澤寿輔

毎週日曜は礼拝の日

高知教会では毎週日曜日、神様への感謝と祈りをささげる礼拝を開いています。この礼拝はキリスト教に興味のある方でしたら、どなたでも自由に参加できます。お仕事などで日曜日の都合がつかない方は、毎週木曜日に行われる祈祷会(きとうかい=お祈りの会)がおすすめです。

日曜日 朝の礼拝
午前10時10分~11時30分
必要な持ち物は特にありません。聖書や讃美歌などは教会でお貸します。
木曜日 祈祷会
朝の部:10時00分から11時00分
夜の部:19時10分から20時10分
こちらも必要なものは特にありません。聖書について学び、皆で神様にお祈りを捧げます。

お気軽にお問い合わせを

「一度礼拝に出席してみたい。」

「教会に行ってみたい。」

「でもどうしたらよいかわからない。」

そんな時は専用の問い合わせフォームからご質問ください。担当スタッフが折り返しお返事を差し上げます。

電話でのお問い合わせなら、088-875-1865まで。その際「ホームページを見たのですが」とお伝えくださると話が通じやすくなります。