2020年4月12日(日)イースター礼拝「見ないのに信じる人の幸い」

日本キリスト改革派 高知教会のホームページへ戻る

問い合わせ

2020年4月12日(日)イースター礼拝「見ないのに信じる人の幸い」

10時10分からのイースター礼拝は小澤寿輔 牧師による「見ないのに信じる人の幸い」です。聖書は新約聖書「ヨハネによる福音書」20章24節から31節です。

【4月12日のイースター記念礼拝について】

高知教会ではイースター記念礼拝を捧げます。しかしながら、大幅縮小し、牧師家族、長老、執事、受洗者のみで捧げることにしました。つきましては、会員の皆様はご自宅で礼拝をお捧げくださいますようお願い致します。

-------------------------
◇教会学校(子どもの礼拝)◇
 休会
-------------------------
◇主日礼拝◇
時間:  午前10時10分より
聖書:  ヨハネによる福音書20章24節~31節
説教:  「見ないのに信じる人の幸い」
説教者: 小澤寿輔牧師
-------------------------
 今回このような決議に至った理由としまして、高知市における新型コロナウィルス感染者急増と4月9日の濱田知事の記者会見があげられます。濱田知事は現状を「緊急事態宣言の一歩手前と考えざるを得ない」と言われ、4月26日までの2週間、昼夜を問わず不要不急の外出を控え、イベントの中止や参加を当面控えることを求めました。それを受けて、礼拝者の命が守られるよう礼拝の持ち方を慎重に考え、今回の決議に至りました。

多くの方が、イースター礼拝を教会で捧げ、洗礼式と聖餐式の恵みに与り、愛する兄弟姉妹との交わりを楽しみにしておられたことと思います。新型コロナウィルスとの戦いも、長い目で見れば一過性のものと信じます。しばらくの辛抱です。日々、主との人格的交わりによって霊の満たしを受け続けましょう。

19日以降の礼拝の持ち方につきましては、次週の感染状況や行政の動きを注視しつつ、役員会で慎重に決めたいと思っています。

皆様が、健康が支えられ、生活が守られ、主の恵みに満たされた日々を送られますことをお祈りしています。

ご不明な点、疑問や質問などありましたら、お問い合わせフォームよりご質問ください。折り返し、お返事を送らせていただきます。

毎週日曜は礼拝の日

高知教会では毎週日曜日、神様への感謝と祈りをささげる礼拝を開いています。この礼拝はキリスト教に興味のある方でしたら、どなたでも自由に参加できます。お仕事などで日曜日の都合がつかない方は、毎週木曜日に行われる祈祷会(きとうかい=お祈りの会)がおすすめです。

日曜日 朝の礼拝
午前10時10分~11時30分
必要な持ち物は特にありません。聖書や讃美歌などは教会でお貸します。
木曜日 祈祷会
朝の部:10時00分から11時00分
夜の部:19時10分から20時10分
こちらも必要なものは特にありません。聖書について学び、皆で神様にお祈りを捧げます。

お気軽にお問い合わせを

「一度礼拝に出席してみたい。」

「教会に行ってみたい。」

「でもどうしたらよいかわからない。」

そんな時は専用の問い合わせフォームからご質問ください。担当スタッフが折り返しお返事を差し上げます。

電話でのお問い合わせなら、088-875-1865まで。その際「ホームページを見たのですが」とお伝えくださると話が通じやすくなります。