教会員の声(救いの証)M.K.さん

問い合わせ

日本キリスト改革派 高知教会のホームページへ戻る

教会員の声(救いの証)M.K.さん

高知教会の教会員による証しを少しずつ紹介していきます。今回は、M.K.さんの救いの証しをご紹介します。

「救いの証」
M.K.姉

1.イエス・キリストと出会う前の私
 彼女と出会ったのは、高校2年生の時でした。彼女はクリスチャンでした。時々、彼女の家に泊まった翌日は、土佐山田教会の日曜礼拝に行っていました。高校を卒業して、私は高知で就職し、彼女は東京の大学へと・・・その時、彼女から新約聖書をいただきました。

2.救い主イエス・キリストとの出会い
 高度経済成長の折り、仕事は忙しく過酷でした。時々聖書を読んでいました。いつ頃か、「罪の意識」を感じ始めていました。それから数年後、教会に行きたいと思い、電話帳で調べ、高知教会へと導かれました。そして、

「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう」(マタイによる福音書11章28節)。

このみ言葉が与えられ、洗礼に至りました。

3.イエス・キリストと出会ってからの私
 その後、私は結婚しました。私のあまり物事を深く考えない性格が、後に苦しみを生みました。結婚後は、日々の生活に追われ、子育てに追われ、教会を遠ざかったこともありました。しかし、主は捕らえて下さっていました。主に引き戻されました。

「たじろぐな、わたしはあなたの神。勢いを与えてあなたを助け わたしの救いの右の手であなたを支える。」イザヤ書41章11節

夫との生活、それは大変なものでした。

「妻たちよ、主に仕えるように、自分の夫に仕えなさい。」エフェソの信徒への手紙5章22節

主に支えられて、ここまで来ました。主よ、どうぞこれからも怒らず、日々穏やかに一日一日を主に感謝し、信仰生活をおくることができますように導いてください、と祈ります。

「救い主、イエスの手にある、身はいともやすし」(聖歌472番)

毎週日曜日は礼拝の日

高知教会では毎週日曜日、神様への感謝と祈りをささげる礼拝を開いています。この礼拝はキリスト教に興味のある方でしたら、どなたでも自由に参加できます。お仕事などで日曜日の都合がつかない方は、毎週木曜日に行われる祈祷会(きとうかい=お祈りの会)がおすすめです。

日曜日 朝の礼拝
午前10時10分~11時30分
必要な持ち物は特にありません。聖書や讃美歌などは教会でお貸します。
木曜日 祈祷会
朝の部:10時30分から12時00分
夜の部:19時10分から20時00分
こちらも必要なものは特にありません。聖書について学び、皆で神様にお祈りを捧げます。

お気軽にお問い合わせを

「一度礼拝に出席してみたい。」

「教会に行ってみたい。」

「でもどうしたらよいかわからない。」

そんな時は専用の問い合わせフォームからご質問ください。担当スタッフが折り返しお返事を差し上げます。

電話でのお問い合わせなら、088-875-1865まで。その際「ホームページを見たのですが」とお伝えくださると話が通じやすくなります。